久遠の日記

いい大人のジャニヲタ日記

新世代の6人。

SixTONESの沼にダイブしてから約6か月・・・。

10/29の早朝

「ぐおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」と

雄たけびを上げてしまうことが。YouTubeのキャンペーンとして

品川駅にSixTONESが降臨。との情報が!!

『ジャニーズをデジタルに放つ新世代。』

パワーワード過ぎませんか???新世代ですって!!!新しい世代!!

『ジャニーズ』 ではなく『ジャニーズ』に強い意志を感じました。

ジャニーズに所属しているけど、ジャニーズに使われるのではなく

SixTONES自身がジャニーズを表現していく!!

しかも、今までとは違うやり方で!!! 

SixTONESに興味を持ち始めてまず最初に感じたのは

ジャニーズらしくないのが彼らの魅力で最大の武器。

ジャニーズだから・・・と、

どうしてもジャニーズアレルギーが反応してしまう方でも

SixTONESだけは反応しないって人多いと思う。

でも、彼らを知っていくと、まぎれもなくジャニーズなんだよね・・・。

YouTubeSixTONESへのコメントで

「他のグループはユーチューバーになろうとしているけど

SixTONESYouTubeを使ってジャニーズを表現している」(意訳です)

と書いてあって大きく頷いてしまいました。

そんな彼らがジャニーズをデジタルに放つんです!!!!

彼らなりのやり方で!!!!もう最高に痺れるでしょ!!!!!!!!

このコピー考えた人。凄いよ!!!!

それに今まで消極的だったあのジャニーズ事務所が、

デジタル社会に介入してきた!!それだけでもインパクト大だよ!!

月曜日の早朝、雄たけびを上げ、見に行きたいけど

月末月初死ぬほど忙しいのに・・・。と悩んでいるところ

今度は汐留にSixTONESの巨大看板出現!!!

しかも、品川とは違うポーズ・・。水・木と頑張って仕事すれば

何とか、金曜日休めるんじゃないか??って事に。

頑張って有給申請してたら今度は原宿にも出現!!

原宿は全身、足先まで写っている!!!

ということで、11月2日行ってきました!!

SixTONES巡り!!」

いつものことだけど、SixTONES絡みは本当に緊張して

眠れないの!!朝も5時前に目が覚めてしまって、

しょうがないから、ゆっくり湯船につかって、朝の5時から

お風呂入っちゃったよ・・・。

で、Twitter見たら、汐留SixTONESにサインが出現。

しかもその様子がYouTubeでupされる。凄い世の中になったね。

話は戻って、嵐担の相方と品川駅で待ち合わせ。

ホームからエスカレーター上がって目に入ったのは

イケめてる6人組!!!

 

f:id:nantokanarusas:20181105013934j:plain

強い。強すぎる。あまりこの言葉使いたくないんだけど、

カリスマ性が大爆発です。

 

f:id:nantokanarusas:20181105095633j:plain

 

どセンターにこの垂れ幕・・・。目に入ってくる文字にひれ伏したのは

初めてです。私、秋花粉ひどいの・・。目からね一杯涙が流れてくるの

花粉だよ。花粉のせいだよ・・・。

嵐担の友達がずーっと『すごいね!!すごいよ!!すごすぎるよ!!』

って言ってくれて、超ド新規の私,鼻高々です。

フラッグ見ながら、

もしかしてどえらい人好きになってしまった????

やばい!!たのしい!!!!!!!!!!!!!!!って

テンションが変な方向に向かって、友達に若干惹かれた(笑)

その後、汐留に!!!!!

とりあえず4方向↓

 

f:id:nantokanarusas:20181105100849j:plain

f:id:nantokanarusas:20181105100858j:plain

 

f:id:nantokanarusas:20181107173507j:plain

f:id:nantokanarusas:20181107172751j:plain

存在が・・・。圧倒的存在感・・・。白旗ですよ。

テンパるって今の私の状態だ!!って自分でわかるくらい

テンパっていました・・・。品川駅と違い、目の前で見れるので

高揚感が違います。うれしすぎて、腰ぬかしそうだった。

サインもある。昨日まではなかったサイン・・・。

ほんの数時間前SixTONESのメンバーがここに来たんだ・・・。

思考回路停止状態。ずーーーーーと眺めていられる。

自分のカメラロール観て思ったんだけど

ファンの映り込みが無い!!!!

これって本当にすごいことだよ!!!!

随時20~30人のファンがいるのに、映り込みが無いの!!

全体を一通り撮ったら接写タイム。

誰が合図を出したわけでもなく。自然となるの。

一通り接写撮影が終わると、又、後ろに下がる・・・。

三枚目の写真は柱がある為正面からだと

6人全員撮れないんだけど、植木鉢の横からだと

全員収めることができる。そのポイントで撮ったら

次の人に教えてあげているし、サッと場所をあけて

次の方に譲っている姿を見て、うわさで聞いていた

スト担はマナーがいい!!は本当でした。感動。

一緒に写真撮らなくていいの??って友達に言われたけど

『私なんぞが一緒に撮るなんておこがましい』ので

彼らの写真を色んな方向から撮ってきました!!!

 

お昼時だったので近くのお店に。

窓際の席だったのでSixTONESを見ながら食べてきました。

牛タンがさらに美味しく感じました

f:id:nantokanarusas:20181107185940j:plain 

汐留で友達と別れて、新宿に向かう途中もう一度品川へ!!

邪魔にならないように端によって眺めること15分。

名残惜しいけど、原宿へ。

f:id:nantokanarusas:20181105100834j:plain

全身だよ!!!!ジェシーの足の長さ一体何なの???

この写真を見た瞬間からある物を作りたくて!!

そのある物とは↓

f:id:nantokanarusas:20181107172501j:plain

f:id:nantokanarusas:20181107172551j:plain

f:id:nantokanarusas:20181107172536j:plain

アクスタ!!!!!!!

やっと先日作りました。そして電熱カッターでやけどした・・・。

写真加工しないとボロが出てしまう・・・。

MV見ながら一生懸命作りました!!

本当に楽しかった!!!!!改めてSixTONES

好きになってよかったって思いました。

そして、今回のプロジェクトに懸ける想いを

ひしひしと感じ、少しづつ冷静を取り戻しつつあります。

この大きな流れに私自身が振り落とされないように

しっかりとSixTONESについていかなきゃ!!!

そして彼らの追い風になれるように頑張んなきゃ!!!

って思いました。

 

SixTONESはホルモン剤???.

サマパラの余韻に浸りっきりで、気が付くと魂が抜けた状態になってしまっていますが

もう、本当にいい大人なのでここらで、通常業務に戻らなければ・・・。

「少年たち」が始まりましたね。

チケットは無いので行けませんので、Twitterで皆のレポを見るのが

唯一の楽しみです。

それと、ワイドショーでゲネプロの様子が流れましたね!!

ズームインサタデーで流れた新曲「Hysteria」

ほんの少しだったけど、無茶苦茶いい曲じゃないですか?????

何度リピートしたか・・・。早く少クラで披露してくれないかな。

 

話は変わって、サマパラ観た後に仕事であった人3人に

雰囲気変わったね!なんか新しい男でもできた???恋してる??

と言われ、まぁ。迷わず、「はい。年下の彼に夢中です」って

答えておいたわ・・・。まぁ間違っていないもん。

(いや、すべてが間違っている)

SixTONESは女性ホルモンを活発化させる何かがあるのかね???

今まで、たくさんのコンサートに行ったけど

行った後、恋してる??なんて言われたの初めてだよ・・・。

さすが、SixTONES・・・。

初生SixTONES備忘録

本当に、最高で最強の6人。私にとって、この夏は今までに体験したことない

特別な夏でした。素晴らしい一日だけの夏を少しでも覚えておきたくて

頑張って書きたいと思います。語彙力・表現力とは無縁の生活なので

どこまでかけるか・・・。がんばろ。

 

f:id:nantokanarusas:20180906144944j:plain

f:id:nantokanarusas:20180905182221j:plain

 

Summer Paradise 2018 SixTONES

 

追加公演8/29 1部に行ってきました。

本公演は働いている身のため平日は無理だから、土日で申し込んだら見事に外れ。

最初はね、『ああ、外れた・・。』位だったんだけど

公演始まって、レポとか読んでいたら、どうしても行きたい。

SixTONESの作り上げる空気を感じたい!!!だんだん思いが募ってきました。

ただね、嵐以外でチケットを探すなんてほぼ初めてのことだから

どうしたらいいか分からないし・・・

びっくりしたのが、普通に定価以上のやり取りをしているのね・・・。

おばさんびっくりよ。相場理解ってなに???誰の何に対する相場よ??

そんなの理解できるか!!事務所!!早急になんとかしたほうがいいよ!!

以前は転売目的ってファンじゃ無い人がやっていたけど、

今はファンが平気でやっているんだもん・・・。

稼いだお小遣いで自分も買うんでしょ・・・。

末恐ろしい世の中だよ。しかもSNSでのやり取りって・・ほんと怖いわ。

っと、話が脱線してしまった。

とりあえず、本公演はあきらめて8/20にグッズだけ買いに行きました。

結局仕事休んでるの。最初から平日も申し込めばよかったと後悔。

アクスタ。いいね。会社のデスクにSixTONESがいますよ!!!

ずっと私を見てますよ!!!返って仕事にならないって周りに言われています

ですが、気にしません。ジャニヲタなめんなよ!!!やるときゃやるわぃ!!

そしてその8/20グッズを買った帰り道TLが騒がしい。

追加公演決定!!

山手線で吠えそうになったよ。一緒に買い物を付き合ってくれた

友達も喜んでくれた。当たっても無いのに行ける気がした・・・。

多分私は、追加公演のために今まで外れていたんだ!!って。

普段どうしようもないほどネガティブなんだけどね。

考えたってしょうがない、とりあえず仕事は後で考えよう!!!

電車の中でそのまま申込み画面へGO!!!

そして8/29 1部が取れました!!!

(前日休むために残業泣きながらしてました・・・。あはは。)

まぁ。当たったら当たったで、私なんかが見に行っていいのだろうか??

グッズ買いに行ったときに周りは若いお嬢さんだらけ・・・。

着席ブロックにしたんだけど、着席ブロックってどこよ???

大真面目な話、私はSixTONESの作り出す空気を感じたかったので

席は本当に一番後ろで良いと思っていましたし、なんなら見切れ席で構いません。

ずーっと『私なんかが行っていいのか??』

この言葉が頭の中ぐるぐる・・・。

彼らの邪魔にならないか??周りのファンの邪魔にならないか??

ってそんなことばかり考えていました。

私は嵐のファンでもあります。嵐というより好きだったJrが嵐になったので

ファーストコンも今までの延長線上のスタートって感じでした。

でも、今回は出来上がっているSixTONESSixTONESのファンの中に

何も分からないまま、一人で突っ込んでいく感覚で、怖かった。

Jrのライブっていつが最後だろう??小原裕貴の卒業の時だから・・・

2000年の10月15日東京ドーム以来の18年ぶりだ・・・。

18年だってよ・・。月日の経つのは恐ろしいね。年取るはずだよ。

こんなに、私なんか・・。って思う理由の一つに

オリジナル曲以外のデビュー組の曲をほぼ知らないってのもあるんだよね。

追加公演だから調べていけばいいんだけど、

純粋に彼らの作る世界が知りたかったから。ほぼ無知のままでした。

それにライブDVDを見て予習したくても、局動画でしか分からないし

オリジナルのペンライトがあるらしいけど、今は販売していないし。

嵐のを持っていくのも違うでしょ?!

似たようなものを買ってもそれはだめだと思うしね。

ライブ当日、緊張で胃は痛いし、吐き気すごいし、

手は震えるし、朝から電車乗り遅れそうになるし。

これは今後慣れるのかな???

とにかく、初めてのSixTONESライブ、初めての生SixTONESということで

身体も心も普通ではなくなっていました。

 

そんな状態のまま水道橋に到着。グッズを再度購入。

アクスタをメンバー1体づつ増やし、リングもメンバー分増やしました。

それでも時間余ったので、外で緊張しながら待って会場と同時に入場。

座席確認すると1階バルコニー3列目。なんなんだここは・・・。

すぐそこにバックステージある・・・。しかも通路側。

速攻嵐友達にLINEで『どうしよう、生きて帰れる自信がない』と送るほど。

席に着いたら、少しは落ち着くかなって思っていたけど、無理でした。

本当に心に余裕が無いので、開演時間まで席を立つこともできず・・・。

携帯の時計とにらみ合い。始まってほしいけど始まってほしくない・・・。

なぜ、友達を誘わなかったんだろう。と後悔しました。

そんな時に心落ち着かせるためにウォークマンで聞いていたのが

嵐の『untitled』このアルバムの曲が最後に再び号泣へと誘うなんて

この時は思ってもみなかったです。

嵐で落ち着くかと思いきや、ずーっと手が震えて冷や汗でるし。

同級生のリア友にLINEしたら

それはSixTONESでの緊張ではなく更年期障害ってものだよ!!

って・・・。うるせぇな。まだ若年性が、かろうじて付くわい!!!!

実はこの会話電車の中でもやっていまして・・・。移動中も

会場入りしても、友達は『更年期』を推してくる。まぁ、少しでも気を

紛らわしてくれているんだろうと思いありがたく

その言葉受けとっておきましたけどね。大人なので。また話がずれた。

 

客電が消えると、今までにない感覚が襲ってきました。

本当に初めての感覚。今まで30年近くジャニーズのコンサートに

行っているけど、怖くて。怖いって感覚があっているか分からないけど

その場から逃げたくなったのは初めてでした。

多分、本能的に観たらもう抜け出せない、

後戻りできないって感じたのかもしれません。

 

舞台上にSixTONESが横並びで6人そろった瞬間、

心を鷲掴みにされ、気が付けば涙が流れ、鳥肌が全身にたち、

6人のオーラに身動きが取れずにいました。麗しい。

ワイルドたとかセクシーだとか言われているけど、ただ、ただ、麗しい。

 

《麗しいとは》goo辞書より

精神的に豊かで気高く、人に感銘を与えるさま。心あたたまり、うつくしい

形・色・容姿などが、目に快く映るさま。うつくしい

 

6人が自ら発光していました。ピンスポとは違う後光を感じました。

 

動き出すまで一秒もかかっていないのに、すごく長く感じられ

気が付くと歌うたっています。動いています。笑顔です。

みんな、盛り上がっています。私は号泣です。

咳も止まりません。隣の席のお嬢さんに迷惑かけています。すみません。

 

サマパラ共通部分(前半)

やっぱり、正統派行けるじゃん!!!この路線もいい!!!

っつーか、何なのこの6人スタイル良すぎないかい???

ジェシーがアシーなのは知っていたけど、他5人も脚長くね?

そして色がみんな白い。

(ほら、大野さん年中黒いじゃん。特に夏、黒焦げじゃん・・。)

曲や6人の細かいところは、残念ながら私の脳内HDDは

動いてくれていませんでした・・・。このポンコツめ・・・。

仮面舞踏会でジェシー?慎太郎?がささやきボイスで

何か言っていた・・・。そのくらいしか覚えてない。

 

Amazing!!!!!!

涙で滲んでよく見えない。

SixTONESSixTONESとして認められる。

強引だけど、これを観たらみんなが文句を言えない。

ぎゅっと、パワーを詰め込んで会場全体に放出している

そんな感じがしました。

どうしても生で見たかった、ジャンピング北斗君!!

直前の樹の腰振りに気を取られそうになってしまいましたが

頑張って切り替え!!間に合った!!!!!

それにしてもすごい跳躍力だな。上にも横にも飛ぶね。彼は。

ここは脳内HDDに最高画質で保存済みです。

脳内HDDが作動して良かった・・・。

 

オリジナル曲(REMIX)

 まだ泣いています。止まらないよ。目の前の舞台で動いているよ。

そして、知っている曲がコロコロ出てきます。

このグループは本当に魅せ方を知っていると再確認です。

ですが、ここでも脳内HDD、作動せず・・・細かいところは覚えていません。

私自身、気合を入れて見ていないと全て流されてしまいそうで。

実際、気合を入れて見ていたのですが、魂抜かれていました。

 

そして、TLで見ていた

『きょもほく厨最高顧問、終身名誉監督ジュリ・タナカ氏』による

きょもほくTime!!!

北斗:『誰に理解されなくてもいい』

京本:『俺たちの関係は』

ハグしながら

二人:『今日で終わらない』

 樹監督:『今日で終わらないってよ!!!』

あぁぁぁぁぁ。これがあのきょもほくTimeなのね、

私観れた!!!!観れたよ!!皆!!!!

この一連の流れだけでも観れて私は幸せです。嗚呼、幸せ!!!

 

髙地君のボイパ。おおおおおおおお。すげーと驚き。

髙地君のイメージは『不言実行』の人。

人間ですから、今自分が頑張っている事をどうしても言ってしまうけど、

髙地君はある日いきなり披露する。

びっくりして、言葉を失う!!そして今まで以上に好きになる。

スクール革命でも、いきなりスキューバダイビングの免許取っていたね。

Lonely Dancer(ジェシーソロ)

白スーツがこんなに似合うのは、ジェシー以外は居ないのでは???

そう思ってしまうほど、素敵で。長い手足から繰り出されるダンス。

私、ジェシーのダンス好きです。彼にしか表現できないですよね、

腕や足や肩の関節が時々、

「カクン」ってなる感じや急に「グイン」って伸びる感じが好きなの!!!

伝わるかな??語彙力、表現力が欲しい・・・。

歌声も癖がないから聞きやすい。耳に入ってくる声は心地よくって、

ジェシーに心奪われていたら、北斗・慎太郎バックダンサーとして登場!!

北斗さんハットを目深にかぶっているのでお顔は見えませんが、

バックダンサーに徹しているのが分かります。

北斗も慎太郎もだけど、手を抜くダンスでなく抑えたダンスなんだよね。

そして三者三様のダンスで、本当に時を止まれ!!って思ってしまいました。

 

ラップ(樹ソロ)

凄いな。リリックを聞き分けられる能力が私には備わっていなかった(泣)

テクニックが凄いのはもちろんだけど、その都度変わるリリックが知りたい・・。

そして、落ちそうで怖かった。樹君、高所恐怖症?縄やポールを持つ手が翔君と

かぶった・・・。それにしてもよく噛まないなぁ。舌足らずの私は本当に尊敬です。

 

Jungle

 キターーー!!YouTubeで毎日見ている、あのJungleが!!!

檻は無いけど、毎日見ているおかげで私には檻が見えましたよ!!

「ウチガヤ」で破けたジェシーのマターを凝視してしまう私をだれか叱って下さい。

コラコラ、ピンポイントで観るでない!!!

股、マチになっていたと思う。違うかな??双眼鏡もっていかなかったから

裸眼左右0.04・メガネで1.5なのでね。ちょっと不安・・・。

って私は何の話をしているの??

とにかく、6人がかっこいいのですよ!!!!

ただただ、かっこいい!!!!

 

 BOMB(慎太郎ソロ)

慎ちゃんのイメージ通りですね。本当に楽しそうに表現する人だなぁ。

楽しくって、楽しくってしょうがないのが伝わってきます。

すごいなぁ。私ね、彼のソロの時周りを見渡していたら皆笑顔なの!!

慎太郎の屈託のない笑顔につられて皆自然と笑顔になる。

クロバットも決まってましたね!!

 

SIX SENSES~SHOT!

メインステージからバックステージに移動。

着席ブロックだからアリーナに降りちゃうと誰がどこにいるか

見えなくなってしまって・・・。

ただ、アリーナでのうちわで仰いでもらっている北斗君が観れた。

そして、バックステージ!!!!!!!!

目の前のステージにSixTONESのメンバーが!!!!!

北斗君を間近で観た感想は

顔小さい。肌キレイ!!かっこいい!!!

カメオのブローチのよう。質感大理石!!!!!  

そして、あの太もも!!!むちむちの太もも!!!

TVで見るより、むちむち加減5割り増し って感じでした。

メンバーが代わる代わる近くに来る。

私たぶん気を失っていたと思う。記憶にあるメンバーは静止画で、

動いてないの。へっぽこ脳内HDDが

完璧にショートしています。煙が頭から出ているのが分かります。

『あ”あ”あ”あ”・・・・』って言っていたと思う。思うじゃなくて、言っていました。

隣のお嬢さん、本当にキモイBBAヲタでごめんね・・・。

 

LOVE JUICE

 はい、きた!!!!!少クラで、初めて見たとき、オイオイ彼らまだJrだよね??

何この表現力?!そして何この表情?!!!生で観たい!!って思っていました。

そのラブジュが目の前で繰り広げられています。

私北斗さんの肩から二の腕にかけての筋肉が好きなんだけど、

その筋肉をチラリズムしてくるの!!がっつり見せないのよ彼!!

下からの照明に照らされた筋肉、顔の表情。もうたまらん。

そしてネクタイプレイ。ジェシーの目隠しプレイに濡れた(自主規制)

 

ordinary(北斗ソロ)

その場での生着替えがあるという情報は仕入れていました。

期待していたけど暗くて見えん・・・。残念。

今、北斗君が伝えたい、表現したい世界を余すとなく

感じとることができるかどうか・・・

恋してるのかな?恋したいのかな?恋にあこがれているのかな?

そう思いました。彼の世界がステージ上にあって、その世界の住人は彼だけ。

切なくて。退屈な日常に色を加えてくれる存在に

SixTONESSixTONESのファンがなれたらいいな・・・。

いろんな景色を一緒に観ていきたいな・・・。

 

この星のHIKARI

すみません・・・。記憶にないんです・・・。

本当に、歌った??って思うほど、記憶にない・・・。

 

ゲームコーナー(MC)

ゲームコーナーは長くなるから割愛・・・。

一つだけ。

だれか北斗君が一生懸命言っている

エリマキトカゲ」を拾ってくれ!!!!

 

SHOW&SHOW

掴み取れNO1 世界変えるのは 俺たちなのさ」

「駆け上がれNO1 誰も止められない 

            迷わず前に 前に前に進め」

 この歌詞がグッと来てやっと止まった涙が再び流れてました。

この6人とファンなら絶対掴み取れる!!!!

細かいところは覚えていません。泣いてたもん。

 

樹コーナー

会場限定飲み物のカップがサマパラ使用になっている説明で

SixTONES Snow Man 宇宙Six MADE Travis Japan 内博貴」を

一気に言うんだけど、すげー、よく噛まずにいえるよ。

そして、三階席に、浮所君と那須君が来ていました。

最近SixTONESのファンになったばかりなので、若い子分からんのだけど、

私の前に座っていた子は飛び跳ねるほど喜んでいました。

 

WATER DANCE

ピンスポ浴びているSixTONESもいいけど、少しの光量でのSixTONESって

存在感が今まで以上に在って、無敵な感じがしません??

LED手袋から覗くジェシーの目が、最強で息をのむ程美しくて・・・

白い衣装と手袋、照明。すべてがパーフェクトです。

 

N.M.P

北斗君の仰け反り。

S字ラインとでも言うのかな?とにかく背中から腰に掛けてが

妖艶で、艶めかしくって。抱ける!!!って思ってしまった。

抱いて!ではなく、抱ける!!! 

 

why(京本・ジェシー

二人が纏った空気が柔らかくて、心地よくって、実は初めてきちんと聞きました。

当たり前なんだけど、ジェシーの発音きれいだなぁ。

 

虹~HELLO(髙地ソロ)

ニノソロだぁ。スカイステージで歌う髙地君は優しいオーラが駄々洩れで、

会場全体を柔らかい毛布でくるんでくれるそんな感じがしました。

私、髙地君が言う

 「〇〇ですか?」「〇〇言って下さい!」の様に語尾に入る

小さな「っ」が大好きなんです。

「僕がH・E・L・L・O・と言ったら、皆さんハローって言ってください!」

 生で聞けたーーーーってうれしくなっていました。

 

ミセテクレ(京本ソロ)

 ギターをちょっと前傾姿勢でかき鳴らす、彼の顎のライン

無敵だと思いません???

顎ラインに心奪われすぎて、そこばかりを凝視してしまった。

きれいな顔だなぁ・・・。親もきれいだろうな・・・。

あっ!!親、京様だったわ!!

本当に余談ですが、私幼少期から時代劇が大好きで、

一番は加藤剛様なんだけど、京様の必殺シリーズも大好きで、

CS時代劇専用チャンネルに入っている程なのです。

 

JAPONICA STYLE

鳥肌タイム再び。 そしてやはり麗しい。

まだ、SixTONESのファンになる前に少年倶楽部で見ていて

ずっと引っかかっていた曲でした。嵐のJaponism好きな人は

絶対好きだと思う!!!!衣装がまず良い!!!!!

私、北斗君がいつ前ボタンを外すかそればかり気になって・・・。

色気駄々洩れですので、左肩チラリされちゃうと

もう、大変なのです。そして、布!!!!!!!

なに、もう。布とセ・・・してるじゃん。濡れる(自主規制二度目)

 

D-MOTION~Bettery

ジャポニカの威力で、へっぽこ脳内HDD機能せず・・・。

悔しい。思い出すのはすべて静止画・・。しかもボヤ~・・・。

 

サマパラ共通部分(後半)

Famiry・・この曲を最終ブロックに持ってきた人、正直に手を挙げなさい!!!!

よくやった!!!!3万あげる!!

「愛を知る為に 愛を捧げる為  

         ぼくらは生まれた・・・つよい光さ」

ここの歌詞がグッと胸に突き刺さり。オープニングで見た初めての

SixTONESの6人の輝きが、この歌詞とリンクしていました。

「繋ぎ合わせたいまは ひとりだけのものじゃない 

       この景色は数々の犠牲を越えた希望の海」

私の知らないSixTONESの時間にたくさんの犠牲があったかもしれない、でも

こうして、SixTONESを好きになり、つなぎ合わせてくれた出会いがこれからは

希望であふれていたら・・・。って聴いていました。

もちろん泣きながらね。ほんと良く泣く・・・。

Born in the EARTH・・初めて聴く曲でして。そして記憶にないのです。

Power of the Paradice・・緊張しすぎて落ち着くために聴いていた曲が

ここで歌われるなんて!!!もう、勝手につながり感じちゃって、さらに号泣よ!!

迷わない人などいないよ(We can do it)どこへ立っても

 終わりはない だから今日も ここで挑み続けるだけ」

そんな彼らをサポートできる存在になりたい。

サビの部分の振り付けが嵐と違うのですが、やっぱり嵐ファンですので、

反応しちゃうのよ・結構一体感が生まれるから、簡単な振りは

本家と同じにして欲しかったなぁ・・・。

 

アンコール

サマパラオリジナル曲

はい、事件はここで起きました。

髙地様とのハイタッチ・・・。

あぁぁぁこれが世間が言う「優吾しんどい」なのね・・・。

今までうちわの文字に反応してくれたり、

指さしご色紙を投げてもらったり(もちろんゲット!!)したけど、

握手会以外で、触ってもらったのは初めてで

本当にしんどい・・・。てが震えた。

私の前の席のお嬢さんは髙地君のうちわ持っていたんだけど、

ハイタッチ後に振り返って「ありがとっ♡」って言っていて

観ている私までキュン♡としてしまいました。

 

皆がはけていく中、ジェシーが去り際に、

「ズドン!」 

一緒にできてよかった!!うれしかった。

f:id:nantokanarusas:20180905182255j:plain

 

 

コンサートが終わって、今まで起きていたことを

頭の中で整理したいのですが、それさえもできず、

ただただ呆然と立ち尽くし、魂が本当に抜かれた状態でした。

駅に行くこともできず、外のベンチでボーっとすること20分・・・。

 

SixTONESを好きになって本当に良かった。

これからもSixTONESが伝えたいと思って貰えるように

私もがんばろっておもいました。

 

 

やっと書き終えた・・・。これ書くのに1週間たってしまった。

少年たちの初日になってしまった。

少年たち 全滅のため観に行けません・・・。

 

最近色々あって、担降りって騒いでいる方、

「少年たち」全滅した私に、ぜひ譲ってください

ただ、定価+手数料しか出せません。

だって私の好きな彼らに上乗せ分は入らないからさ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いきなり沼が現れた・・・。

もう何年も、こんな感覚忘れていました。

今から二十数年前大野智という沼にダイブして以来、

嵐のファンとして一緒に歩いて来た!!って胸を張って言えます!!

今ももちろんファンですよ。

そんな私が、目の前に突如現れた沼にスッポっとハマってしまいました。

それは本当にいきなり現れました。

姪っ子がセクゾのファンになり、姪っ子と動画見ていたら、

キンキの『愛されるより愛したい』を歌っている子達が・・。

この子たちはセクゾではないけど、とりあえず見てみるか・・・。

そんな軽い気持ちで見ていたところ

その中の一人が後方宙返り?バク転??なんか見たことない回転!!

『何??今何が起った???っつーか、この子たち誰???????

SixTONES??シックストーンズ??知ってる顔がいる!

森本君大きくなったね!!この子いなばのタイカレーでルドルフの子だ!!

田中樹?!聖の弟だ!!ジェシーってカラオケ屋の子だ!!

スクール革命の子もいる!!でも、この子誰!!!

めっちゃきれいな顔してない????』

そこからすぐに調べました。

SixTONESはシックストーンズではなくストーンズと読む。

森本慎太郎君に田中樹君にジェシー

イカレーの子は京本大我君スクール革命の子は髙地優吾君

そしてあのキレイな顔の子は松村北斗君!!

松村北斗君・・・。松村北斗君・・・。松村北斗君・・・。

私が雷を打たれた技はフォーリアという技。 

この技はガムシャラの中でやったダブルダッチで披露。

その映像を見ていたらなんだか見たことあるぞ・・・。

CS放送で時たま見ていたわ・・・。当時そんなに気にせず

ながら見していた自分を叱りたい。

ほんと私のバカ、バカ。アホ!!あほ!!!どアホ!!なぜ録画しておかない。

ジャニヲタたるもの、とりあえず録画が鉄則なのに・・・。

沼はそこらに潜んでいる・・・。そんなことも忘れていたなんて。

今までは気になる子たちが現れてもちょこっと調べて終わりだったのに

北斗君は違う!!いろいろ調べる。調べるの楽しい。

ほぉ。B.I.Shadow・・・。NYC boys

これは知っているぞ!!紅白出てるじゃん。

調べていくうちに色々な呼び名を学ぶ・・・。

ほくじゅり・ほくじぇ・きょもほく・ゆごしん・J2・・・。

呼び名学んでも、パッとペアが浮かばない・・・。

『お山』『翔潤』『二ノあい』『じいまご』はすぐに浮かぶのにね・・・。年のせいだな・・。

私が惹かれた松村北斗君の色気。凄まじいものがあるね。

デビュー前の色気駄々洩れ時代の大野君に匹敵するほどの色気。

大野君は無意識の色気だったけど、北斗君は自分から発しているような気がして、

この子はセルフプロデュースに長けている。自分の魅せ方を知っている。

北斗君だけでなく、SixTONES全員が自分たちの売り方を知っている。

そんな気がしています。

私が知っているJr時代はいわゆる黄金期と呼ばれる時

ダンスもお芝居も上手い人はいたけど、今とはレベルが違う・・・。

それに当時テレビや雑誌等で流れている彼らの空気は仕事というより

部活に近かった・・・。それは本人たちだけでなく私たちファンも

その空気が好きだったし、それで良かった。

ジュニア戦国時代と言われる今、わちゃわちゃした空気も必要だけど、

部活のノリだけでは、戦え抜けない多面的でどれだけ武器を持っているか

その武器を磨き続けることができるか・・・。

その努力は昔と比べ物にならないと思う。

 

多分デビュー組よりしていると思う。

(もちろんデビュー組が努力をしていないとは言っていません)

 

武器って一言で片づけているけど、歌・ダンス・演技は基本でしょ。

歌一つとっても作詞作曲ができたり、ラップや楽器ができたり。

舞台で活躍するにはのどや発声。歌い方も身につけなきゃならない・・・。

デビューだけでなくその先を戦う為にはどれだけその武器を持っているか・・・。

私はかなりの大人(四半世紀以上のジャニヲタ)なので

デビュー後苦しんでいるグループをいくつも知っています。

と言うか、ほぼ全部のグループが苦しんでいる時代があったし、

現に今苦しんでいるグループもあると思う・・・。

それは当たり前のことだと思うけど、その時にどれだけの武器があるか

どれだけ発信できるかが、発信できるすべを身に着けているか・・・。

それができないとグループとして生き残れない。

 

SixTONESを見たとき本当にデビュー前??って思っちゃいました。

それと同時にどれだけ悔しく理不尽な思いをしてきたんだろう・・・。

辞めずにいるってことは、それを上回るスポットライトと歓声を

少なくとも1度は経験しているんだろうな?って思いました。

私はバカレア組も推されていた時代も、ほくじぇ時代も

バラバラ個々の時代もSixTONES結成も知りません。

私が知っているのは結成3周年からです。

そうです。ほんの3ヶ月ほどです。

3ヶ月のド新人が沼にスポっとはまっております。

youtubeって本当にすごいね。彼らの動画見ていると

アイドルだけでなく普段の彼らを垣間見ることができて

沼から抜け出せない。

彼らについて学んだことは

1、ジェシーの脚は規格外。スキンシップ多めのアメリカン

2、笑顔の後にしんどいが待っている髙地と優吾と髙地優吾

3、もはや人間ではない異次元の美しさ京本大我

4、きょもほく厨の最高顧問終身名誉監督ジュリ・タナカ

5、昔の慎ちゃんを返して。モリの熊さん

6、色気ダイナマイト歩く18禁友達は2人松村北斗

 

今は便利な時代ですので、ちょこっと調べればいろんな時代の

彼らに逢うことができます。逢うことができても、

それは昔の彼らで私は、語ってはいけないと思っています。

軽々しく知ったかぶりで語ってはいけない。

それは、SixTONESを好きになった日に、心に決めたことです。

自分の目で見て共に歩んできたことについて語ろう!!

昔のことは、当時からのファンの方に任せよう!!!

知らなかったことは、悪いことじゃない、

これからをたくさん知ればいい!!

 

ですので、ジャニーズ事務所関係者各位。

どうかSixTONESをデビューさせてください!!!

デビューを語る準備はできております。

 

(まぁなんと内容の薄い記事でしょう・・・・。伝えたいことは↑の2行です・・・。)